ブログネタ
お洒落で美味しい音楽 に参加中!
 Writing's On The Wall / Sam Smith の歌詞和訳です。映画「007 スペクター」の主題歌としても有名。"Writing's On The Wall"の意味は日本語で言うと「壁にかかれた文句(文章)」であり、歌詞中に出てくる意味としては「だって壁にそう書かれていたんだ」となりますが、直訳すると気持ちが入りにくいので意訳しました。
 自分の運命を左右するような選択に悩んでいるとき、ふとした言葉が目に入って覚悟を決めたといった経験は、大なり小なり、なんとなくですが、誰でもあるんじゃないでしょうか?
 ときにはその重大な選択がプロポーズだったとしてもいいんじゃないかなって思います(ダメかもしれないけれど笑)。結局のところ、信じるか信じないかといった究極的な問題には、正論なんてあんまり役に立たないんですよね。

【上】Writing's On The Wall 歌詞
【下】ライティングズ オン ザ ウォール 和訳





I've been here before
前もここに来たことがあるんだ
But always hit the floor
でもずっとバタバタしてたからなあ
I've spent a lifetime running
いつもゆっくりできない そういう運命なんだ
And I always get away
いつもそうやって逃げてきたんだ
But with you I'm feeling something
でもあなたがそばにいてくれるとき、ちょっと思うことがある
That makes me want to stay
これからは二人でずっとこうしていたいなあって

I'm prepared for this
心の準備はできている
I never shoot to miss
ミスショットなんかしないけど
But I feel like a storm is coming
今回ばかりはタダで済みそうもないみたいだね
If I'm gonna make it through the day
でももしこの日をうまく切り抜ければ
Then there's no more use in running
これまでの運命を変えられる気がするんだ
This is something I gotta face
もう僕は逃げない

If I risk it all
もし僕が危険なことをしても
Could you break my fall?
それでもあなたは僕のことを支えてくれるかな?

How do I live? How do I breathe?
どうすればちゃんと生きられるんだろう? 呼吸の仕方はどうだったっけ?
When you're not here I'm suffocating
あなたがそばにいなければ、僕はまともに息をすることもできないな
I want to feel love, run through my blood
これからも愛を感じていたいんだ その愛で僕を満たしてほしい
Tell me is this where I give it all up?
そのためにすべてを懸ける きっと今がそのときなんだろう?
For you I have to risk it all
あなたのために危険を冒さなくちゃいけないときなんだろう?
Cause the writing's on the wall
なんとなく、そんな予感がするんだ



サム スミス(Sam Smith)についての情報↓

 サム・スミスSam Smith1992年5月19日 - )は、イギリスのシンガーソングライターである。

 デビュー・アルバム『In the Lonely Hour』からグラミー賞の6つの部門にノミネート(2014年12月)され、 2015年2月8日ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授 賞式では最多の4部門: Best New Artist(最優秀新人賞)、 "Stay with Me" に対して Record of the Year(年間最優秀レコード賞), Song of the Year(年間最優秀楽曲賞)。"In the Lonely Hour"に対してBest Pop Vocal Album(最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞)が授与された。[6]

2015年、2015ビルボード・ミュージック・アワードでは、"Stay with Me"が最優秀楽曲賞にノミネートされた[7]

同年、シングル「Writing's On The wall」でイギリスのUKチャートで第1位を獲得と、アルバム「In the Lonely Hour」が69週連続でUKチャートトップ10にランクインにより、ギネス世界記録に認定された[8]

 最も影響を受けたアーティストとしてエイミー・ワインハウスアデルの名前を挙げている。[11][12]

他にレディー・ガガビヨンセマライア・キャリーホイットニー・ヒューストンチャカ・カーンに影響を受けているとのこと。