ブログネタ
洋楽 に参加中!
 Break Free / Ariana Grande Feat. Zedd の歌詞和訳です。恋人に別れを告げる歌ですね。"break free"で「(束縛を破って)自由になる」という意味。歌詞を見る限り、もう相手が何を言っても復縁する可能性はないみたいですね。好きだった人と別れたときにきっとあなたを元気づけてくれる一曲です。気の強い女の子とか、そういう人に憧れている人はよく共感できるかもしれません。


【上】Break Free 歌詞
【下】ブレイク フリー 和訳




If you want it, take it
どうぞ欲しかったら、持っていってちょうだい
I should have said it before
もっと前からそう言うべきだったのよね
Tried to hide it, fake it
なのに私は隠そうとしていたの 嘘をついてまで
I can't pretend anymore
でも、もうこれ以上嘘はつきたくないの

I only want to die alive
だって私はただ精一杯生きて死んでいきたいから
Never by the hands of a broken heart
もうこれ以上傷つきたくはないから
I don't wanna hear you lie tonight
今夜はあなたが嘘をつくのを聞きたくないの
Now that I've become who I really am
だってようやく私は、自分に正直になれたんだから

This is the part when I say I don’t want it
そんなもの、私にはもう必要ないの
I'm stronger than I've been before
前よりずっと私は強くなった
This is the part when I break free
今こそ私は自由になるの
'Cause I can't resist it no more
だって、もうこれ以上我慢なんてできないから

This is the part when I say I don’t want it
そんなもの、私にはもう必要ないの
I'm stronger than I've been before
前よりずっと私は強くなったわ
This is the part when I break free
今こそ私は自由になるの
'Cause I can't resist it no more
だって、もうこれ以上我慢なんてできないから



アリアナ グランデ(Ariana Grande)についての情報↓

 アリアナ・グランデ (英語: Ariana Grande, 1993年6月26日 - )[1] は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優。本名は、母親の姓ブテーラを含んだアリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)。
 チャリティーイベントで2007年には50万ドルもの寄付金を集金したことがある[2]

2014年9月、患者を支援するために参加した「Stand Up to Cancer」では「My Everything」を歌い、癌研究のための約1億ドルの資金調達に貢献した[23]

2015年、若いホームレスのための慈善活動「ハッピー・ヒッピー・ファウンデーション」に参加している[24]。5月にはLGBTの人権を訴えるためのイベント「NYCプライド」でヘッドライナーを務めることが発表された[25]

 アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』および『マイ・エヴリシング』、シングル「ザ・ウェイ」、「プロブレム」などのヒットにより、国際的な人気を博している。マライア・キャリーを彷彿する歌声を特徴としていることから、「ネクスト・マライア」と評されることもある[2]

 女優としてはニコロデオンシットコムビクトリアス』および『サム&キャット』のキャット・バレンタイン役で知られる[2]