ブログネタ
洋楽 に参加中!
 The Nights / Avicii の歌詞和訳です。人生における孤独や苦難を歌ってくれています。
 人は誰しも不幸な出来事に打ちひしがれることはありますが、そのときにチャンスを掴み結果を残せるかどうかは立ち返れる心の拠り所のような場所を用意しているかどうかです。そしてそれは他の誰かといて感じられるものでも、何かをすることで見つけられるものでもなく、あなたの思い出の中にあるものです。そんな感じの歌詞の翻訳となっております。


【上】The Nights 歌詞
【下】ザ ナイツ 和訳





Hey, once upon a younger year
ねえ、まだずっと若かったときに
When all our shadows disappeared
まわりの影がすべて消えてしまって
The animals inside came out to play
自分の中の何かが暴れ出したことはなかった?
Hey, when face to face with all our fears
ねえ、自分の中の恐怖と向きあって
Learned our lessons through the tear
 僕らは涙を流しながら学んできたんだ
Made memories we knew would never fade
僕らの見てきたたしかな思い出は、決して消えることはないんだって

One day my father—he told me,
ある日、父が僕に教えてくれた
"Son, don't let it slip away"
「お前に大事なことを教えてあげよう」
He took me in his arms, I heard him say,
僕のことを腕の中に抱きしめながら、父は言ったんだ
 "When you get older Your wild life will live for younger days
「大人になったとき、もし壁にぶち当たってしまっても、それまでの経験が救ってくれる」
Think of me if ever you're afraid."
「それでももし恐れるようなことがあったら、いつでも私のことを思い出すんだよ」

He said, "One day you'll leave this world behind
「いつかお前もこの世を去らなきゃいけないときがくる」
So live a life you will remember."
「だから、ちゃんと思い出に残る人生を生きなくちゃいけないんだよ」
My father told me when I was just a child
それは僕がまだ子供だったときに父が教えてくれたこと
These are the nights that never die
夜もまた、決してなくなることはないから
My father told me
それは父が僕に教えてくれた
ことだった


アヴィーチー(Avicii)についての情報↓

 ティム・バークリング(Tim Bergling、1989年9月8日 - )は、アヴィーチー(Avicii)のアーティスト名で知られるスウェーデン出身のDJ音楽プロデューサー。またのアーティスト名をティム・バーグ(Tim Berg)、トム・ハングス(Tom Hangs)ともいう。(Aviciiはサンスクリット語の「無間地獄」aviciから。)
 スウェーデンの首都ストックホルムで生まれ[1]、その高級住宅街エステルマルム地区で育つ[2]。母親は、1985年公開のアカデミー賞候補作映画でラッセ・ハルストレム監督が手がけた『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』や、同監督のコメディ映画『僕は子持ち』のレナ役でよく知られる女優アンキ・リデン[2]
 高校を卒業した彼は18歳から改造した自身の寝室から曲を書きリミックスを手掛けるなど本格的に音楽活動を始める。彼は様々なブログにて次から次に楽曲を発表していく。コモドール64のゲーム「Lazy Jones」のテーマ曲をリミックスした楽曲「Lazy Lace」は高い評価を獲得する。