ブログネタ
洋楽 に参加中!
 Keep Holding On / Avril Lavigne の歌詞和訳です。今回の楽曲は、アヴリル ラヴィーンのアルバム"The Best Damn Thing"に収録されている曲です。
 
映画「エラゴン」の主題歌にもなっていました。穏やかでしっとりと歌われる、優しい歌になっています。いつものアヴリルの「わー!」という感じではないのですが、ふつふつと心の底から元気がわき上がってくるような感じですね。
 
"Keep Holding On"は日本語で言うと「その状態でまだ踏ん張れ」的な意味になるのですが、日本語には「頑張れ」万能説があるので翻訳でもそちらを拝借させていただきました! (´▽`)


目次

1. Keep Holding On の動画
2
. Keep Holding On
の歌詞和訳
3. アヴリル ラヴィーン(Avril Lavigne)とは

 では、どうぞごゆっくりお楽しみください♪♫





 Avril Lavigne - Keep Holding On (Official Video)
【上】Keep Holding On 歌詞
【下】キープ ホールディング オン 和訳
You're not alone
あなたは一人じゃないよ
Together we stand
一緒に立ち上がろう
I'll be by your side, you know
私がそばにいてあげるから
I'll take your hand When it gets cold
凍えそうなときにはそこからあなたを連れ出してあげる
And it feels like the end
もう終わりだと感じたときも
There's no place to go
どこにも行き場所なんてないときでもね
You know I won't give in
あなたを見捨てるわけないでしょう
No I won't give in

絶対に 

Keep holding on
もう少し頑張って
'Cause you know we'll make it through, we'll make it through
二人一緒でなら乗り越えられるから
Just stay strong
強くなるの
'Cause you know I'm here for you, I'm here for you
私はあなたのそばにいるから あなたのために
There's nothing you could say
あなたに言えない言葉なんてない
Nothing you could do
あなたにできないことなんてない
There's no other way when it comes to the truth
真実を見つけるためにはやるしかないのよ
So keep holding on

だからもう少し頑張って
'Cause you know we'll make it through, we'll make it through

私たちが一緒ならきっと乗り越えられるから

アヴリル ラヴィーン(Avril Lavigne)とは

 アヴリル・ラヴィーンAvril Ramona Lavigne1984年9月27日 - )は、カナダオンタリオ州ベルビルの出身のシンガーソングライター。「アブリル・ラビーン」と表記されることもある。アメリカ合衆国に拠点を置いている。
 モダン・ロックパンク・ロックポップ・ロックパワー・ポップなどの音楽性を持ち、2002年リリースのデビューアルバムLet Go』は全世界で約2000万枚を売り上げ、アメリカでは6回プラチナディスクに選ばれた。2枚目のアルバム『Under My Skin』、3枚目の『The Best Damn Thing』は両方ともBillboard 200で1位にランク。シングルでは「Complicated」「Sk8er Boi」「I'm With You」「My Happy Ending」「Girlfriend」など11曲がトップ10入りを果たしている。現在、彼女のアルバムは全世界で4000万枚以上のセールスを達成。カナディアン・ビジネス誌は「アメリカ合衆国で活躍する最もパワフルなカナダ人ベスト7」に彼女を選出している。

 2007年12月、フォーブス誌はラヴィーンを「25歳以下の最も稼ぐ人物」の8位にランクしており、その年収は1200万ドル(約12億円)と記載している。2005年6月、20歳の時カナダのバンドSum 41のリードヴォーカル兼ギターリスト、デリック・ウィブリーと婚約、結婚したが2009年9月に別居中であることを発表、同年10月9日にロサンゼルス裁判所に「和解し難い不和」を理由に離婚を申請。2010年11月に正式に離婚が成立した。子供はいない。身長公称158cm。瞳の色はグレーニッケルバックチャド・クルーガーと2012年8月8日に婚約。 2013年7月1日に南フランスにて挙式。しかし、2015年9月に離婚を発表。ラヴィーンにとってこれが二度目の離婚となる。