洋楽翻訳☆お味噌味 - オリジナル歌詞和訳の妄想旅行へ

洋楽翻訳☆お味噌味は、意訳率高めの洋楽歌詞翻訳サイトです。日本一テキトーな翻訳家が個人の見解で和訳しておりますので、勉強等にはおすすめできません。英語も日本語の技術も大したものではありませんが、みなさんのお役に立てればと思います。


タグ:Humbug(ALBUM)

洋楽翻訳☆お味噌味は歌詞和訳サイトです。
日本一テキトーな翻訳家が個人の見解で和訳しております。
英語も日本語の技術も大したものではありませんが、みなさんのお役に立てればと思います。ご感想・情報共有はお気軽に各記事のコメント欄からどうぞ。誤訳報告は具体的に指摘していただけると反映しやすいです。

▼心理学・脳科学・メンタリズムのブログ
ちょっぺ〜の心理学エッセイ集


Cornerstone / Arctic Monkeys - コーナーストーン / アークティック モンキーズ の歌詞和訳です。(ハムバグ)"に収録されています。タイトルのオリジナル和訳はそのまま「コーナーストーン」。バトルシップやコーナストーンはお店(バー)の名前ですね。消えてしまった恋人の幻影を追いかける男の話です。以前の翻訳した歌詞をリライトしたオリジナル和訳歌詞です。 Thought I saw you in The Battleship バトルシップできみを見かけたと思ったけれど But it was only a look a like ちょっと似ていたってだけだった She was nothing but a vision trick 何てことない、目の錯覚 Under the warning light 明かりが小さかったから、そう見えただけだったんだ ...

Crying Lightning / Arctic Monkeys - クライング ライトニング / アークティック モンキーズ の歌詞和訳です。(ハムバグ)"に収録されています。タイトルのオリジナル和訳は「豪雷」。恋人を、手に負えない雷に例えたタイトルです。歌詞中に出てくる「pick'n'mix」はお菓子の名前ですね。リライトしたオリジナル和訳歌詞です。 クラッカー工場のそばにあるカフェの外で You were practicing a magic trick あなたはマジックの練習をしていた And my thoughts got rude ひどい考えしか思い浮かばなかった As you talked and chewed きみが話をしながら On the last of your pick'n'mix ピック&ミックスの最後に手を伸ばすところ見ているとね ...

Crying Lightning / Arctic Monkeys - クライング ライトニング / アークティック モンキーズ の歌詞和訳です。  今回の楽曲 Crying Lightning(クライング ライトニング)は、Arctic Monkeys(アークティック モンキーズ)のアルバム、"Humbug"に収録されている楽曲です。 ...

楽曲のタイトルにもなっているレッドライトハンドはいろいろな意味に変換できると思うけれど、きっとどれもあまり素敵な意味とはいかなく、何か悪いことと人とを結びつけるメタファーのようなものとして書かれたのだろう。  また、歌詞に出てくる"Through the ghetto and the barrio And the bowery and the slums"というのはどれも、強制労働施設、植民地、被差別部落、貧民街などの意を持った固有の施設や街の名前であり、和訳分ではひどいところの比喩として「監獄」と日本語翻訳している。 Red Right Hand / Arctic Monkeys - レッド ライト ハンド / アークティック モンキーズ の歌詞和訳。  今回の楽曲 Red Right Hand(レッド ライト ハンド)は、Arctic Monkeys(アークティック モンキーズ)のアルバム、"Humbug"(日本版)に特別収録されている楽曲(Crying Lightning のシングルにも収録)。 ...


↑このページのトップヘ