ブログネタ
アコースティックギター に参加中!
    
人生も恋愛もちょっとずつ頑張ればいいんだ"Little by Little/Oasis"歌ってみた。アコギ弾き語りでね ⏎

YouTubeチャンネルは→「ちょっぺ〜 弾き語り」

 
Little by Little / Oasis の歌詞和訳とアコギ弾き語りの演奏動画です。
 
"Little by Little"で「ちょっとずつ」「少しずつ」という意味ですね。アニメ ナルトの主題歌『悲しみをやさしさに』を歌っている little by little という音楽グループの名前の由来となったOasisの人気楽曲です。(ちなみにEvery Little Thingは、ビートルズの曲の『Every Little Thing』から由来らしいですね。)
 この曲はノエルの作った曲の中でも彼の娘が一番気に入っている曲らしいです。ライブのMCでノエル本人がそんなことを言ってました。


【上】Little by Little
歌詞
【下】リトル バイ リトル
和訳





We the people fight for our existence
 僕たちみんなは存在を賭けて戦っている
We don't claim to be perfect but we're free
完璧だなんて言うつもりはないけど、僕たちは自由でしょう?
We dream our dreams alone with no resistance
 一人で見る夢の中でなら、邪魔が入ることはないから
Fading like the stars we wish to be
 星のように消えていくこと、それが僕たちの願いだ

You know I didn't mean what I just said
なんでも本気にしないでよ、ただ言ってみただけさ
But my God woke up on the wrong side of his bed
神様は朝からずっと機嫌が良くないみたいだけど
And it just don't matter now
そんなこと、今は関係ないでしょう?

Cause little by little
だって少しずつ、少しずつ
We gave you everything you ever dreamed of
僕たちは夢を叶えてきたんだ
Little by little

少しずつ、少しずつ
The wheels of your life have slowly fallen off
今よりも年老いていったとしてもね
Little by little

少しずつ、少しずつ
You have to give it all in all your life
まだまだ苦労はするだろうし
And all the time
時間もかかるだろうけれど
I just ask myself why
それでも僕はいつも自分自身に問いかけている
You're really here

何のためにここにいるんだろう?って



 ノエルが歌う3rdシングル。アルバム、ヒーザン・ケミストリー (Heathen Chemistry) に収録。

 ヒーザン・ケミストリー (Heathen Chemistry) は、2002年6月26日に発売されたオアシスの5枚目のオリジナルアルバム。バンド自身がプロデュースを担当。

今作からゲム・アーチャーアンディ・ベルも自作曲を提供するようになり、リアムの曲も複数収録されるようになる。作曲するメンバーがノエルを筆頭に4人になったことにより、曲調に幅ができるようになった。

 前作「スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ」で試したアプローチから一転、新メンバー加入による高い演奏力を軸としたバンドサウンドが特徴となる作風になっている。

 ゲストプレーヤーとしてジョニー・マーが8、10、11曲目でギターで参加している。

 ドラマーのアラン・ホワイトが、今作とそれに伴うツアーを最後に脱退した。