ブログネタ
洋楽 に参加中!
Takemehome

 I Would / One Direction - アイ ウド / ワン ダイレクション
の歌詞和訳です。今回の楽曲
One Directionワン ダイレクション)のアルバム、"Take Me Home(テイク ミー ホーム)"に収録されています。タイトルのオリジナル和訳は「僕なら」。

テイク・ミー・ホーム(期間生産限定盤)
ワン・ダイレクション
SMJ
2015-12-23


One Direction / I Would - Lyrics
ワン ダイレクション / アイ ウド - 日本語 和訳

Lately I found myself thinking
最近はいつも考え事ばかりしている

Been dreaming about you a lot
きみのことを何度も夢に見ている

And up in my head I’m your boyfriend
そのときの僕はきみのボーイフレンド

But that’s one thing you already got
でもきみには彼氏がいる





He drives to school every morning
そいつは毎朝学校に車を運転してやってくるのに

While I walk alone in the rain
僕ときたら雨の中でひとりぼっちで歩いている

He’d kill me without any warning
きっと僕なんか歯も立たないんだろうね

If he took a look in my brain
彼が僕の考えていることを知ったらすぐに殺される


Would he say he’s in L-O-V-E?
彼はきみのこと好きだって言ってくれるの?

Well if it was me then I would
僕だったら、ちゃんときみに伝えるよ

Would he hold you when you’re feeling low?
きみが悲しんでいるとき、彼は抱きしめてくれるの?

Baby you should know that I would
覚えておいて 僕ならきみを抱きしめるよ


Back in my head we were kissing
夢の中に戻って、僕らはキスをしあっている

I thought things were going alright
そうやって気持ちを取り戻していたのに

With a sign on my back saying “kick me”

イタズラ書きを背中にされたのに気づいて

Reality ruined my life
人生が終わったみたい


Feels like I’m constantly playing
まるでいつまでもいつまでも

A game that I’m destined to lose
負けてしまうゲームを続けている気分

Cos I can’t compete with your boyfriend

こんな僕では、きみの彼とは相手にもならない

He’s got 27 tattoos
あいつには27つものタトゥーもあるし


Would he say he’s in L-O-V-E?
彼はきみのこと好きだって言ってくれるの?

Well if it was me then I would
僕だったら、ちゃんときみに伝えるよ

Would he hold you when you’re feeling low?
きみが悲しんでいるとき、彼は抱きしめてくれるの?

Baby you should know that I would
覚えておいて 僕ならきみを抱きしめるよ


Would he please you?

彼はきみを喜ばせてくれるの?

Would he kiss you?

彼はきみにキスをしてくれるの?

Would he treat you like I would?

僕みたいに、
彼は優しくしてくれるの?

Would he touch you?

彼はきみに触れてくれるの?

Would he need you?

彼はきみを必要としてくれるの?

Would he love you like I would?
彼はきみを愛してくれる? 僕みたいにさ…


Would he say he’s in L-O-V-E?
彼はきみのこと好きだって言ってくれるの?

Well if it was me then I would
僕だったら、ちゃんときみに伝えるよ

Would he hold you when you’re feeling low?
きみが悲しんでいるとき、彼は抱きしめてくれるの?

Baby you should know that I would
覚えておいて 僕ならきみを抱きしめるから