ブログネタ
アコースティックギター に参加中!

 Wonderful Christmastime / Paul McCartney
の歌詞和訳です。今回の楽曲はポール マッカートニーのソロ活動で出された曲ですが、同じバンドのビートルズにいたジョン レノンのクリスマスソングとは真逆に、明るくてみんなで食卓を囲っているような優しいイメージの盛り込まれたクリスマスソングとなっております。

目次

1. 歌詞はシンプル。でも、愛は文学

2.
Wonderful Christmastime の動画
3.
Wonderful Christmastime の歌詞和訳
4
. 世界で最も成功したポピュラー作曲家!
5.
意外と知らない?"Ding, dong"、"Jingle"の意味

 では、どうぞごゆっくりお楽しみください♪♫





歌詞はシンプル。でも、愛は文学
 今回の楽曲の歌詞は短くて、シンプル。英語があまり得意じゃない人でもなんとなく意味は伝わるんじゃないかなと思います。基本的にクリスマスソングというのはいろいろな世代(特に家族?)を意識して作られることが多いのでそうなるのかもしれませんね。
 まあたしかに、カップル向けのクリスマスソングもたくさんありますが。カップル向けのクリスマスソングだと逆に、難しいというか、文学的な言い回しが多いような気がしますね。

Paul McCartney - Wonderful Christmastime

Paul McCartney - Wonderful Christmas Time ⏎

歌詞 - Lyrics

Wonderful Christmastime
和訳 - Japanese

ワンダフル クリスマスタイム

The mood is right
ムードはいい感じ

The sprits up

気分もワクワク

We're here tonight

今夜はみんなもそろっている

And that's enough

それで十分だよね


Simply having a wonderful Christmas time[x2]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを


The party's on

パーティーが始まった

The feeling's here

ドキドキ、ワクワク

That only comes

クリスマスのときにだけ感じる

This time of year

特別な気持ち


Simply having a wonderful Christmas time[x2]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを



The choir of children sing their song

子ども達の聖歌隊の歌が聞こえる

Ding dong, ding dong

ディン ドン、ディン ドン

Ding dong, ding ohhhh
Ohhhhhhh



Simply having a wonderful Christmas time[x2]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを



The word is out

楽しい声があふれている

About the town

街ではみんなクリスマスのことばかり

To lift a glass

乾杯をしたなら

Ahhh don't look down

もう落ち込んで場合じゃないよ


Simply having a wonderful Christmas time[x2]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを




The choir of children sing their song

子ども達の聖歌隊の歌が聞こえる

They practiced all year long

この日のために一年かけて練習してきたんだ


Ding dong, ding dong[x3]

ディン ドン、ディン ドン


The party's on

パーティーが始まった

The feeling's here

ドキドキ、ワクワク

That only comes

クリスマスのときにだけ感じる

This time of year

特別な気持ち



Simply having a wonderful Christmas time[x2]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを



The mood is right

ムードはいい感じ

The sprits up

気分もワクワク

We're here tonight

今夜はみんなもそろっている

And that's enough

それだけで十分だよね



Simply having a wonderful Christmas time[x4]

ただ楽しめばいいのさ この素敵なクリスマスを



Ohhhhhhhhh
Ohhhhhhhhh
Christmas time

さあ、クリスマスの時間だよ


世界で最も成功したポピュラー作曲家!

 ジェームズ・ポール・マッカートニー(Sir James Paul McCartney, MBE, Hon RAM, FRCM1942年6月18日 - )は、イギリスミュージシャンシンガーソングライターであり、世界屈指のマルチプレイヤーでもある。 ファーストネームはジェームズだが、父親も同じファーストネームのためミドルネームのポールを主に用いている[1]。 『ギネス世界記録』に「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として認定されている[2]1960年代ロックバンドザ・ビートルズのメンバーとして、ジョン・レノンとともに数多くの楽曲を作詞作曲し、メインボーカルを務めた(レノン=マッカートニーを参照)。解散後は、ソロ歌手およびウイングス(ポール・マッカートニー&ウイングス)などのメンバーとして活躍。デビューから半世紀以上経過した2015年現在でも、現役ミュージシャンとして第一線で活躍している。左利きである。

ビートルズ時代から現在に至るまで、バンドでは主にベースを演奏しているが、近年はギターを演奏しギタリストとしての一面を見せる事も増えている。彼のメロディアスなベースラインは評価が高く、後のロックバンドにも多大な影響を与えたと言われる。他にもシンセサイザーキーボードドラムスウクレレフラットマンドリン・また管楽器をも扱うマルチプレイヤーである[3]。「タックスマン」「涙の乗車券」などビートルズ時代のいくつかの曲でリード・ギターを担当し、また「バック・イン・ザ・USSR」「ディア・プルーデンス」「ジョンとヨーコのバラード」などでドラムを叩いている。ソロ・アルバム『マッカートニー』や『裏庭の混沌と創造』ではすべての楽器を一人で演奏(マルチレコーディング)している。

ジョン・レノンによると、世間はポールのギターの腕を「過小評価している」と述べており、「今(1980年)、みんながやっていることの半分は、ビートルズ時代のポールをそっくり真似たものだよ。」と述べた。また、「人一倍自負心の強いポールが唯一謙虚なもの」とも言っていた[4]

ボーカリストとしての才能も高く、楽器を演奏しながら「リトル・リチャード」などの難易度の高いロック・ナンバーを歌いこなすほか、バラードにおける甘い歌声や、エルヴィス・プレスリーを思わせる唸りを効かせた歌唱法など、多彩なボーカルを聴かせる。ビートルズのメンバーでは最も高い声域を持ち、コーラスの一人多重録音も盛んに行っている。

ポール マッカートニー(Paul McCartney) Wikipedia ⏎

意外と知らない?"Ding, dong"、"Jingle"の意味
 今回の楽曲の歌詞中にも出てくる"Ding, dong"「ディンドン」というのは、鈴の音の擬音で日本だと「シャンシャン」とか「リンリン」っていう感じですかね。ちなみに「ジングルベル」の「ジングル」"Jingle"も鈴の音の擬音語となっております。